精神(魂)が主であり、体(肉体)が従であること

子供の頃から精神を隠し

痛みや恐れを肉体の奥底に押し込んで

生きてきた。

 

いろんなストレスから身を守るため

体を硬くしていく。

筋肉が悲鳴を上げているにも関わらず

筋肉を締め上げている。

 

そんな患者さんが、稀であるがいらっしゃる。

 

関節を固め、身動きできない状態である。

 

関節を緩めることから始めたが、

多少の変化があるものの、進展が遅い。

体に触れていると、どうしても

魂からの悲鳴が聞こえる。

僕の頭の中に入り込んでくるんだ。

 

どこをどのように調整するかは

分かっているが、どうも

肉体だけの問題ではなさそうだ。

 

子供の頃からの習慣というか躾というか

そのように育ってきた・・・

 

もう恐れる必要はないし

現状を受け入れ、自分を許し、解放しましょう。

そう話しました。

 

自分でもある程度分かっているらしい。

難しいわけではないけど、

手順を踏まなければならない。

 

次回、来院されるまで

関節を動かすこと。筋肉を緊張させ、脱力する。

筋肉に脱力するということを教えること。

精神の方も、解放していくことを知ること。

 

来院時に比べれば、かなり改善しているのが分かる。

 

次回はどのように調整していくか

思案中です。

 

 

精神が主であり、肉体が従であることを知る。

 

 

矢作治療院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

矢作治療院
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-6-10 くりはらビル7F
TEL: 03-5203-0333
Mail: tryahagi@yo-ake.com

営業時間:
11:00~21:00 (月火水金)
15:00~20:00(土)
15:00~21:00 (木、

受付時間:
10:00~19:00 (平日)
14:00~19:00(木、
休診日:不定期(要確認)

【矢作塾】スポーツweb塾

矢作治療院予約状況 twitter

矢作塾塾長

矢作塾塾長

矢作塾塾長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。矢作治療院は、あなたの最高の笑顔を取り戻して頂けるよう独立開業いたしました。。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研鑽しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

塾長ブログ

  1. 2019/3/21

    見る目を養う

特集記事

  1. 登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

  1. 2019/3/21

    見る目を養う
ページ上部へ戻る